「温めポイント」を知って、効果的に体を温めましょう。

 

ここでは、体を外から温めるときの基本となる、3つの温めポイントをご紹介します。

 

ポイント1

「首」の字がつく部分、首、手首、足首です。

いずれも体の表面近くを大きな血管が通っているので、ここを温めることで全身を流れる血液が温められ、手足の先まで温まっていきます。

 

ポイント2

太もも二の腕お尻など、大きな筋肉がある部分です。筋肉は血流が多いため、ここを温めることも、効率よく全身を温めることにつながります。

 

ポイント3

お尻の少し上付近と、お腹を含んだ腰回りです。お尻の上付近には、副交感神経の中枢があり、腸や子宮などの大切な器官がつまったお腹の周りを温めることで、全身に暖かい血液が流れます。