「冷え」とは、熱の生産性が低下し、血の巡りが悪くなった状態です。

 

その結果、体に栄養が行き渡らず、不要な老廃物が体から出ていきにくくなります。さらに、低体温により体内酵素がうまく働かず代謝が低下します。そのため、体に様々な不調を抱え、怪我や病気を招きやすくなります。

 

冷えによる体の様々な不調を具体的に挙げてみました。

  

  頭痛、生理痛

  肩こり、腰痛、関節痛

  更年期障害、不妊

  体が重い、むくむ

  風邪を引きやすい

  アレルギー

  体臭、出血・発疹

  消化機能の低下

 

これらが厄介なのは、本人にとっては深刻な問題なのにもかかわらず、病院に行っても異常が認められなかったり、症状に対する薬が処方されるだけで、根本的な解決に結びつかないことです。

 

冷えの原因となるものをあげてみます。

 

  • お風呂はシャワーですます

  • エアコンの効いた室内に一日中いる

  • 睡眠不足・夜更かし・不規則な生活

  • 食の欧米化

  • あまり歩かない、運動不足

  • ストレスが多い

  • 内臓の疲れ

  • 体内毒素の蓄積(薬品や添加物など)

 

誰もが思い当たることがあるのではないでしょうか。

これらの原因は、単独で存在するものではなく、例えば人間関係のストレスから、暴飲暴食に走ったり、冷えからくる頭痛のために鎮痛剤が手放せなくなり、それがまた冷えを招いたり、と複雑に絡み合っており、負の連鎖を生んでいると言えます。

また、自分の体の冷えに気がつかない人も増えてきています。

 

そこで、陶板浴がおすすめです。

 

積極的に体を温めることで、汗をかきやすくなり、自律神経が整います。自律神経は体温調節に関係しているので、体温調節機能の向上も期待できます。さらに、リラックスできる時間を持つことで、気持ちが前向きになり、食事を見直したり、運動を始めたりと、いわゆるやる気スイッチをオンにすることができます。

 

このように、なかなか抜けられない「冷え」という負の連鎖を断ち切るきっかけとして、陶板浴をぜひ利用していただきたいと思います。

 

そして、この冷えスパイラルから見事脱出するきっかけがつかめたら、次は生活習慣を見直しましょう。大事なのは、運動と食生活の見直しです。

冷えとは

●住所   〒950-1304 新潟市南区月潟344-1

 

●営業時間 8時〜19時  17時〜要予約・ 最終受付18時

      8時〜12時 祭日を除く(月)  最終受付11時


●定休日  第1・3・5(金) 第2・4(木)

      祭日を除く(月)の午後(最終受付11時)

      稀に臨時休業有り

 

 
 

ご予約・お問い合わせはこちらまで

025-375-1710