入浴効果を高める方法

 

皆さんゆっくり湯船につかっていますか?最近はシャワーだけですます人もいるかもしれませんね。体の芯まで温めるには、湯船にきちんとつかることはもちろんですが、お風呂に入る前に手足やお腹など、冷えた部分を温めておくと温め効果がアップします。

具体的な3つの方法をご紹介しますので、是非やってみて下さい。

 

1.洗面器にお湯を入れて温める

お風呂に入る前に洗面器にお湯をはり、手足を1分間つけるだけでOKです。

 

2.ドライヤーで温める

おへそ周りが冷えている人におすすめです。ドライヤーを使用するときはやけどに注意して、10センチ以上離して、1〜2分間体を温めます。

 

3.湯たんぽで温める

約1分ずつ、お腹と太もも、お尻を温めましょう。